宮崎市,整体院,骨格整体,健康の家,バレエ,パッセ,

整体の先生が思う  パッセ


僕はパッセは一生、到底出来そうにないので、下記内容を書くのもどうかと思いますが、骨格整体の先生としてわかることがあります。皆さんのパッセの上達、バレエの上達に向けてアドバイスはできると思います。


骨格整体の先生が考えるバレエ  「パッセ」について
2021年8月06日時点の考え。 またいい考え、理論、技術ができたら追加します。
(考え方は、経験の蓄積と理論の進化により、よりよく変わっていくものです。 きりが無いです。 なので、今の時点での考えで書きます。)

また、骨格整体の分野の見方だけですので、偏りがあります。充分知っています。  他の分野の先生の見方もあると思います。  よりよく出来るようになるなら、それは正解だと思います。  なので、きっとたくさんの正解があるのだと思います。 僕の見方もその一つだと思っています。  誰かの参考になればと思い書いています。  同じ施術家が参考にするなり、バレエ関係の方が参考にするなり、ご自由にされて結構です。




骨格整体の先生として思うのは


●パッセができなくて悩んでいる方の多くは、 「パッセの理解が片足立ちで、もも上げする」の発想していると思う。
そうなると、迷走して結局ゴールしないだろうな。新たな発想から、一からやり直したほうがいい。

間違いとしては
●片足立ちのつもりだと、上体を強く上に引き上げるように意識しない。軸足の乗せるようにしてしまう。結果として軸がぶれぶれになって、ふらふらする。 ピルエットにつながらない。
●もも上げのつもりだと太ももの上の筋肉(大腿四頭筋)で上げてしまう。結果として足が前に向く。

パッセが難しい理由は、 体の重心、全体重を、軸足一本に綺麗に載せきる必要があるため、軸足をしっかり強化できて、上半身を強く軸足に乗せ続けられる人だけが出来るようになると思う。 

体の重心は 普段、人間は二本足で立つので、二本足の真ん中にある。それを一本足にして、且つ動作足を曲げて固定するため、バランスを取る補助ができない。  なので、軸足にかかる負担は最も多い姿勢。

だから、軸足のコントロールと、上半身の重心のコントロールがメインです。  

また、パッセはその次に、ピルエット関連の回転系にも発展していきます。  パッセ出来なくて、ピルエットできるわけない。
ピルエットは回転軸を相当強くするものなので、パッセの段階で、軸足に重心を乗せきるコントロール力、重心を乗せきってもブレない強い軸足を作る必要があります。

パッセ大事です。  特に軸足が大事です。  軸足一本に正確に自分の重心、自分の軸を乗せきることがメインだと思います。 

多分軸足がしっかりできれば、動作足はアンディオールしながら、大腿裏の筋肉群を使ってフワっと上げれば上がると思います。
意識のメインは動作足ではなく、軸足です。


これぐらいを見ていて思います。 これは骨格整体の先生の独特な見方です。    あとはどうも筋力の部分が大きいようですが、筋肉の使い方は、素人なので、ネットで見た動画や、来院者さん、バレエの先生たちののいろいろな声を思い出し、下記に、パッセのコツを書いてみます。


(うちは骨格の整体院なので、実際の施術では、上記内容、下記内容を踏まえて、関節を施術します。お尻を押せるようになる施術と、股関節と、肋骨だろうな。)



最も大事な最初に確認すること


まず、「もも上げしてから脚を出来るだけ外に開いている」のでは無い。無い。無い。パッセで迷う人は、この発想の転換が第一。  動足が前に向いている場合は、パッセの理解がもも上げから始まっていると思います。つま先や踵への注意と理解が不足しているだろうな。

違います。

もも上げにしたら、お尻の筋肉は抜け抜けだろうな。 前かがみだろうな。  だって、もも上げは短距離走の練習でするものだから、短距離走の姿勢になるよ。

勘違いです。  意識の改革、発想の転換が大事。まずは、もも上げから始めるパッセをやめましょう。


端的に言えば

●軸足はお尻を前に押て、頭と、脇と、胸と、足首を重心がずっと通るように意識する。
●軸足の肋骨の下部を押す (追加です)
●軸足の下半身を床に押し付けて、上半身を上に引き上げて、背伸びするようにして、軸足の股関節に上半身の重心を綺麗に乗せる。  ずっと反発するように、力を抜かない。


●動足は足の内側を見せながら上げる。 「足裏、ふくらはぎ、太もも」を見せる感じ。  踵を常に意識して、つま先より前に前に出す。  お尻の下部も押す。押す。



両足ずっとターンアウトし続ける。




具体的な軸足側のコツ


●軸足をしっかりさすこと、軸足が筋肉でガチンガチンだと思う。

●軸足のお尻の下横を前に押し出す。横から見ると、頭と胸と足首が一直線ですが、お尻の下部および股関節を前に出しています。三日月の形で立ちます。

●次に軸足の下半身を床にさすように押しつける。足裏を意識して、指をしっかり使って押し付ける。股関節、膝、膝下、足裏を使って、床のしっかり押し付ける。

●次に、軸足の上半身を上に上に伸びるイメージで、背中、脇、お腹を使って軸を作って、伸ばす。上半身は反対に上に上に伸ばすように、ちょっと背が伸びるように引き上げる。  

●上半身は上方向にあげて、股関節から下は下方向に押し込んで互いに引っ張り合うように。その目的は、軸足一本に、体の軸をしっかり乗せること。


これがしっかりできると、動作足でバランスを取らなくて済む。動作足が楽になる。



●お会いしたバレエの先生は、「パッセのルルベは他よりも強くお尻の下部を押す」と言っていました。
そうだと思う。  強い軸を作るために、お尻の下部もしっかり押すし、バランスを取る筋肉も相当使うと思います。筋力使うと思います。 それだけ軸、重心を意識していました。


●動足側を上げる時に、軸足はしっかりと外旋させて、床に足が突き刺さるように、
動かさないように立つ。

●さらに動足側を徐々に上げるたびに、軸足側もより強く外旋(ターンアウト)していく。
上げるたびに外旋を強くして、常にしっかりターンアウトする、


●重心は思ったより軸足側に傾く。


●お尻が後ろに抜けないように気を付ける。  お尻が後ろに下がると、必然的に頭が前下に下がって、軸がおかしくなってダメになる。対策としては、お尻の下部を押す。  それと背中の真ん中(肋骨の下部)も押す。≪8月10日追加しました≫





具体的な動足側


●もも上げの発想をやめて、ではどうするかといえば、イメージは「背筋パッセ」 背筋と殿筋と、内もも(多分ハムとリングス)の筋肉群を使って上げる。  理由は、もも上げの時と大違いは背筋を使うから。もも上げは、前かがみ、腰曲げる、背筋は使わないな。  背筋を使うのは対照的。


●次に気を向けるのは、踵!!    最後まで踵!! つま先よりも踵が前に出るように意識する。それだけで、脚は横に向いたまま、上がるから。  脚が前に行かない。 

●踵を丁寧に前に押し出すように向けたままた、丁寧につま先を床から離して、つま先を丸めて、軸足に添わせる
この時も常に踵を前にしておく。 ふくらはぎも前に来る感じ。

●5番ポジションで、踵を前に出したときの緊張感を維持して、そのまま上げながら、なお外旋させてあげる。 

●足裏が前に向くように。膝下のアンディオールをするように太ももの裏の筋肉で脚を上げるように。

●動足は、背筋、臀部、内もも、ふくらはぎを使って上げる。  軸足のお尻の下部を押し込めば、一気にやりやすくなります

●内もものアンディオール
内ももが前に向くように

●膝下のアンディオール
ふくらはぎも前に向くように。

●内ももと、ふくらはぎの筋肉で上げる。筋力が無くて上がらないときは、軸足をさらに強く床に押し付ける。軸足を押し付けて動足を上げるようにする。

●この時に足の外側の筋肉を使わない。外側の筋肉を使うともも上げになる。



 お尻と足の境目を意識して中に入れ込む。これが動足側のターンアウトにつながる。


●動足側を強く強くターンアウトしながら、上げる。 股関節を回転させる。

どうやったら動足を強くターンアウトしながら上げるのか?
●軸足につま先を当てながら、軸足に沿って上げる
●また、下げる時もしっかり軸足に沿って下げる


お尻の筋肉と内ももの筋肉を使って、つま先を軸足から離しても、脚がたかくあがるようにする。



どうでしょうか?  皆さんもやってみてください。  どこか一つでもヒントが合って、お役に立てれば幸いです。




実際の施術では



多分軸足の改善を相当します。  横からみて、三日月型で立てるまですると思います。  割と大変です。でもできないことは無いです。   お尻の下部を押して、頭と、肋骨と、丹田と、足首が一直線に揃って、楽に重心が通るようにすることです。


動足側は、使い方のセッションだけだと思います。  筋肉の使い方の問題です。  意識とかパッセの理解を帰るところからすると思います。

しっかりお尻の下部を押して、 軸足を上下に反発するように軸足メインで強い軸を作って、 動作足の踵を意識すれば、大きな改善あると思いますよ。

 メニュー 地図 特徴・選ばれる理由 整体専門ショートコース 顎・猫背上半身のショートコース