プロの整体 ベテランの技術  整体院 不妊・子宝整体  腰痛・肩こり 確実に症状改善したい方 体質改選したい方 自宅でも体調コントロールしたい方  

栄養管理について ダイエット希望・妊娠希望向け

栄養管理について ダイエット希望・妊娠希望向け
 
カロリー少なく、栄養豊富な食事について 

 

栄養の改善をしたほうがいい典型的な2つのパターン

 

●細身の人に多い、
パンやパスタや甘いお菓子が主食で、次に野菜サラダや、茹で野菜などをちょっと食べるだけの食事。お肉・魚・貝類をほとんど食べない。 基本的に小食、胃腸が弱い。炭水化物によるカロリーとビタミンに偏った食事。筋力、組織共に足りない。 エネルギー不足、冷え性、が多いです。
不妊の一要因だとおもいます。

 

 
●太目の人に多い
大盛ご飯と揚げ物や脂肪分の多い肉が多い。ラーメンとパスタとステーキ焼肉が大好き。炭水化物によるカロリーと脂質と動物性のタンパク質が多い食事。筋力はあるけども、脂質が多い

 

 

共にいえるのは、炭水化物と脂質が多すぎで、タンパク質(植物性)とミネラルが少ない。

 

 

 

 

オススメの食材は
●「蕎麦と 豆腐 と 卵 と レバー と 貝類 と 海藻類」 です。一日の中で、必ずどれも摂るようにします。
特に夜ご飯に ご飯、パン、パスタ、うどん、などのカロリーになるものを食べないで、「お蕎麦とおかず」にするか、「おかずと汁物」だけにします。 夜だけ糖質をなくします。
 
量はそれほど気にせずに、食べて構いません。

 

ポイントは
「炭水化物を極力減らしていること」
「タンパク質の量を充分に増やしていること」
「ミネラルを増やしていること」です。
です、

 

 

この食事方法は、僕が行っていたスポーツジムのインストラクターのお兄さんから教わりました。お兄さんは、ボディビルダーで、ムキムキなのにキリリッっと締まった体つきで、体重の増減が15キロぐらいを自由自在にコントロールできます。彫刻そのものです。肉体美ですね。驚いて、そのコントロール方法を聞いたのがきっかけです。 「 夜ご飯に糖質を摂らないことと、たんぱく質をしっかり摂ること、しっかり運動すること」で良いそうです。  
お兄さんは、とても健康的な食事を、ものすごい量食べます。なので、ミネラルも大丈夫ですが、

 

僕は一般的にはそれにミネラル不足があること知っているので、皆さんにお伝えするに際して、ミネラルをプラスしています。

 

 

 

 

 

 

具体的には

 

主食に
●朝・昼はご飯、パン、パスタ、うどん、お蕎麦自由。
●夜だけは、お蕎麦に限る。(できれば8割蕎麦が10割蕎麦がいいです。)

 

メイン料理にに
鳥の胸肉(皮なし)・鳥のもも肉(皮なし)
焼き魚・煮魚
レバー

 

副菜に
●豆腐
●牡蠣
●がんもどき
●納豆
●卵
●もずく
●ひじき
●野菜類

 

汁物に
●アサリ
●しじみ
●海藻類
●ゴマ
●きのこ類
●豆腐
●野菜類

 

おやつに
●ナッツ
●果物
 

 

こういったものです。  やせすぎな人は、筋肉がしっかりつくと思います。
太りすぎな人はしっかりとしたダイエットになると思います。

 

 

それと牛・豚といった四足も極力食べないことです。
牛も豚も鳥も同じ肉じゃないか!?といわれる人もおられると思います。
違いは脂肪酸の種類です。牛や豚は飽和脂肪酸が大変多いです。健康に良くない面があります。鶏肉から皮をはいだ肉にはほとんど飽和脂肪酸がなくなります。なので、皮無しの鶏肉をオススメします。

 

また体を温める野菜は下記です。 冷え性の方はこちらの野菜からどうぞ。
ほうれん草 小松菜、、しその葉 にんじん ねぎ しょうが かぼちゃ にら プルーン 干しぶどう 黒砂糖  黒豆  にんにくの芽  ふき  赤唐辛子  シナモン  納豆 キムチ  こんぶ、わかめ、のり、もずく、めかぶ    にんにく かぶ さつまいも たまねぎ ごぼう れんこん  山芋 里芋 じゃがいも