プロの整体 ベテランの技術  整体院 確実に症状改善したい方 体質改選したい方 自宅でも体調コントロールしたい方  

 

高齢者向け膝・腰・疲労回復リンパマッサージ

 

共通する事柄

 

・年齢が60代 70代 80代
・膝の痛み
・足首の痛み
・腰の痛み
・背中の曲がり
・歩くことがつらい
・畳の生活
・リクライニングチェアでの生活
・農家
・足首の捻挫
・ 50歳過ぎて痛くなってきた
・慢性的な痛み
・足腰をだましだまし使ってきた

 

などなど
いずれにしろ、 足首の歪み 骨盤の歪み 膝の歪み があります。また、それらが、大きく歪んだまま固着しております。
その結果、 腰・膝に大きな負担をかけております。

 

調整方法

 

まず、施術する上で、特別な注意点があります。骨粗鬆症の注意です。ですので、大きな力を使わずに、マッサージを中心として、痛みの緩和、楽にすることを行います。 整体の割合よりも、リンパマッサージの割合を増やすことにします。また、整体をするにしても、小さな力でできるように工夫します。整体の考え方や理論は使いますが、実際行う施術は、問題の関節を伸ばすストレッチに近いです。(運動で行うあてずっぽうのストレッチじゃないです。)

 

 

 

また筋肉が落ちていることがおおいのですが、正しく施術したあと、施術の後の日常生活でも筋肉はついてきますので、その回復をみながら行います。

 

この骨粗鬆症と、筋力の低下の2点を留意して、抜本的な対策を練った施術をします。

 

 

なぜ 、高齢者はひざが痛く、次いで、股関節も痛く、その次に慢性の腰痛なのか?の原因と対策です。

 

理由は、2つあります。
ひとつは、背丈が小さくなった人ほど、脊椎間の隙間が狭くなっています。その神経根の圧迫があります。 この関係で、運動神経麻痺がおきています。 なので、仙椎間(歳をとっても、仙椎間が動くことあります。硬いですが。)腰椎間、を開きます。あらゆる方向に伸ばして、最大限拡げます。軽いヘルニアならすぐに治りそうなぐらいしつこく伸ばします。そのあと、椎骨を動かします。出来るだけ大きく、色々な方向に。   これで驚くほど体調は良くなります。姿勢も、腰痛も、足の運びも良くなります。 高齢者の足腰の力が弱くなっている原因の第一はこれです。
施術前 と 施術後 で 筋力検査をとるとはっきり、客観的に分かります。筋力は著しく上がります。

 

もうひとつは、
骨盤の後屈方向へのゆがみです。  座った姿勢で、骨盤も、腰も、股関節も固まっています。あれが大問題です。それでいて、腰椎から動かすと、決まって痛くなり、無理があります。

 

坐骨と恥骨を後ろに押し戻すような矯正をしっかり入れます。  とたんに歩きやすくなります。それを何回かに分けて、矯正して、周りの筋肉がつくのを待ちます。

 

その後、骨盤の開きを治して、小さくして、腰椎を伸ばして動かして、 股関節を入れなおします。  そこまですると、腰周り、歩き方が変わります。ものすごく歩きやすく、若返ります。   そして、ひざの痛みも大変小さくなります。   それからひざ自体を治します。

 

70歳ぐらいまでは、とても治りがいいです。(甘党の人は治りづらい傾向もあります。個人差あります)
80歳を超えると、緩やかになりますが、改善します。(施術を受けるのができないぐらいに体力が落ちると、話はかわります。個人差大きいです)

 

可能性は大きくありますので、一気によくなるような、大きな期待をせず、継続して改善する心積もりで、お越しください。

 

 

 

施術後の感想

 

 

比較的楽になります。
腰は大幅に良くなります。
股関節もほとんど良くなります。
姿勢も良くなります。
膝の痛みは緩和しますが、再発しやすいです。
元気になります。

 

施術で、全く痛みがなくなることは50代 60代ではちょくちょくありますが、70代以降は稀です。
定期的に続けると、安定してきます。

 

アドバイス

 

施術だけでなく、日常生活の改善がともなうと、劇的によくなることがよくあります。
・軟骨の原料をサプリメントとして摂取する。
・グルコサミン コンドロイチン ヒアルロン酸 コラーゲン を
・ タンパク質の摂取量を増やす
・ プロテインがオススメです。
膝に負担のかからない運動が効果的です
・ アンクルウエイトをつけて、日常生活をするとずいぶん楽になります。
・ アンクルウエイトをつけて、指導した運動をすると、膝の痛みは劇的に変わることがあります。