プロの整体 ベテランの技術  整体院 確実に症状改善したい方 体質改選したい方 自宅でも体調コントロールしたい方  

「香害」比較的新しい言葉です。  また、最近、ニュースで、「日本消費者連盟は、香りが原因で苦しんでいる人々の電話相談を受ける「香害110番」を開設する」とありました。

 

最近の柔軟剤、洗剤、香りのビーズいろいろありますが、2010年以降、どれも匂いが強烈になりました。マンションや団地の前を通ると、風と共に鼻につく匂いがあります。この強烈な匂いは、健康にとってはいいのか悪いのか?

 

 

強烈に悪いです。人工の香料は、天然の香料とはまるで違います。実際人体に無害と、を確認できているわけではないんです。逆に、100人に試して、100人に同じような害が出ないから、危険性は立証されない。だから安全だという根拠です。でる人もいるし出ない人もいるだと安全というのは本当でしょうか?安全とは100人に試して、100人が無害だということでしょうか?違いますよ。合法とか、安全ということと、自分の健康に害は無いとはいえないんです。    

 

話にはトリックがあります。 ちょっと頭を回して、整理して聞いて、自分で考えないと、馬鹿を見ます。  被害者になります。

 

 

 

 

 

香料は、アレルギーとか、化学物質化敏症の原因物質です。
その結果、発達障碍や、不妊の要因だと疑われています。
(その立証も難しいのですが、僕個人は、きっと多大な影響があると思います)

 

そして、本人も自分にアレルギーとか、化学物質化敏症がでていると自覚していない人が大半です。
発達障碍も気がついていない人も多いです。まだまだ無知な分野です。是非知っていただきたいです。

 

 

 

 

 

起きる症状

 


イライラい
息苦しさ
頭痛
吐き気
体のだるさ
倦怠感
無気力
動機
不眠
喉の痛み
微熱
まぶしさ
目がチカチカする。
情緒不安定

 

 

 

 

 

 

たくさんの人とお会いして、お話をしてきて思うのが、香料のきつい匂いのする人は、イライラが止まらないとの、ヒステリックに向かうことと、悩みが深刻、うつ状態が多い。不平不満が多い。鈍感。ふんわりとリラックスできる人などいません。みんななんだかピリピリしています。たぶん情緒が不安定なのだと思います。  

 

 

悩みを相談される時に、香料がきつい人だと、「ちょっと重いな、堂々巡りなら無いかな?大丈夫かな」って思うことあります。

 

香料の匂いが弱い人は比較的情緒が穏やかで、悩みも単純で、明るく悩み事も突破しやすいんです。

 

 

香料のきつい製品を使うことはやめたほうがいいですよ。香料のきつい人が好きな人など出会った事無いです。
部屋に置く化学物質系の芳香剤も、アレルギー・化学物質化敏症の要因になります。  子育て中の家庭であれば、子供の情緒にも大変大きなマイナス要因にもなりかねません。
一度、天然のアロマオイルを買ってきて、交換してみて、家族内のケンカ、子供の情緒、家族の雰囲気などを比較検討してみるといいです。
自分で変えてみて、違いに実感したら、自分たちは、その化学物質にアレルギー反応を起こしていたのだと理解してください。

 

アレルギー反応は病院が判断するレベルだと、とてもはっきり強く出ています。 弱い反応でも、さまざまな反応は出ます。
家族が穏やかに暮らすほうがいいと思いますよ。

 

 

人工の香料を使わないと行けない理由はどの場面でも無いと思います。無香料で結構です。どうしても使いたいなら、 「天然のアロマオイル」を香水代わりに使うといいです。