プロの整体 ベテランの技術  整体院 確実に症状改善したい方 体質改選したい方 自宅でも体調コントロールしたい方  

食品添加物、安全といわれています。「ただちに人体、健康に害が無い」そういうものです。でも動物実験では、多々、アレルギーなり、病気なり、死亡なりあったので、注意して、納得して購入できるように裏に表示しておく、自分で調べてね。そういうものです。

 

 

「ただちに人体、健康に害が無い」から、ずっと、毎日、どんどん食べてもいい。みんな普通に食べているから大丈夫。と考えるか?ちょっと怪しいから食べるのはなるべくやめようと思うのかはそれぞれのご自由です。  

 

 

子供がキレ易いのも」普通。 落ち着かないのも普通。 生理痛・筋腫・内膜症も普通。 あっても驚かないです。とても多くなったからです。 数十年前はそんなこと無いですよ。  今の60代70台80代90代のかたが若いころと同じ頻度ではないと思います。そうききます。今の50代以下の方に爆発的に多くなった症状でもあります。理由は分かりません。 はっきりと証明できるものが無いんです。  疑われている原因の一つに食品添加物があるのは間違いないです。

 

 

ただ、なぜ食品添加物、を使用するのかといえば、 「安く」「大量生産」できるからです。「便利」なんです。

 

 

人間「便利」といわれると。なかなか手放せないです。少しぐらい大丈夫。今は良い。そう言い聞かせて、ずっと使います。

 

また、添加物をとらないようにしようと思えば、いくらかの不便もあります。スーパーで売られている商品の裏を良く見る必要があり、だいたい8割〜9割は食べられないものになります。 安心して買えるのは1割〜2割ぐらいです。

 

ではなぜ、食品添加物について、今回ここに書くのかといえば、まったく食べないグループと、好んで食べるグループを見比べると、違いがあります。肉体的健康面でもちがいますが、特に情緒、精神面、に違いがあります。それはなぜだか証明できません。 はっきり証明できるまでにはまだ何十年もかかると思います。

 

 「腫瘍  頭痛 めまい 吐き気  鬱  不眠 イライラ 思考力の低下 新生児の欠陥」などは多くの食品添加物で起こります。好んで食べているグループは常にこの状態にありますから、そりゃどこかおかしくもなります。

 

食べないグループには食品によるこういった症状はないですから、いつも快調です。そりゃ賢くもなります。

 

きっと「子供がキレやすい理由」にも 「子供が出来にくい理由」にも 「人の気持ちが分からない人が多い理由」にも 関係あるように感じます。それを証明することはまだまだ出来ないと思います。最近のことですから。 

 

 

 

添加物を取るなら、リスクがつくことも承知して摂ればいいと思います。たとえ病気になっても被害者にはならなくてすみます。病気でも苦しいのに、被害者にもなってしまったらより苦しいです。  知った上だったら、いくらかしょうが無いと思えます。 納得できます。  
もしリスクをとりたくないのなら、なるべく添加物を摂らないほうがいいです。自然です。 自然界に下記の添加物とか無いですから。

 

避け方は簡単です。
表示の裏をみて、下記の添加物があったら、他のに変えればいいだけです。 より少ないもの。できれば何も添加していないもの。続けると体調も、情緒も、精神状態もいいですよ。

 

 

 

 

 

 

出来るだけ避けたほうがいいもの
調味料(アミノ酸等)   調味料(核酸)

 

特に避けたほうがいいもの
アセスルファムk        スクラロース     アスパルテーム   ネオテーム  サッカリン   パラオキシ安息香酸またはパラベン   プロピレングリコールまたはPG  ソルビン酸、ソルビン酸k  安息香酸ナトリウム  亜硝酸ナトリウム  BHA(ブチルヒドロキシアニソール)   BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)  赤色3号  赤色102号  イマザリル TBZ OPP  亜硫酸塩  ピロ亜硫酸Na ピロ亜硫酸K  亜硫酸塩  次亜塩素酸ナトリウム  酸化チタン  二酸化チタン