プロの整体 ベテランの技術  整体院 不妊・子宝整体  腰痛・肩こり 確実に症状改善したい方 体質改選したい方 自宅でも体調コントロールしたい方  

デトックス・排毒 の薦め

デトックス・排毒 をいろいろと、且つ、じっくり経験したことあります。その経験が皆さんにお役に立てばと思い、書いてみます。

 

デトックス・排毒 とは何か?と言えば、「体内の有害な物質を、体外に出すこと」 ですね。
「体内の有害な物質」には 「医療の薬」「農薬」「食品添加物」「シャンプー・洗剤・リンス・香料」「ヘアカラー・毛染め・芳香剤」「着色料」「建築用溶剤」「空気中の汚染物質」「洗剤」など、大半は石油精製品です。  便利で、使わない日はないものです。

 

 

これらが体内に知らず知らず沢山たまっていきます。それでも、直ちに死にはしません。放射能と一緒です。すぐに死ぬようなものが許可されません。ただ、徐々に具合悪くなるぐらいなら、許可されます。この辺が多くの人が誤解しているあたりです。スーパーに並んでいるものが、「無制限に使っても無害で安全」ではないんです。動物実験で、それなりに害が出ているから、危険なものとして裏にしっかり表記しているんです。 体内に溜まれば、体調不良になり、精神が不安定になり、原因不明の病気になり、そのあと本当の病気になります。 そうなる前に、有害物質を体外に出す作用があります。 大半は 汗と大小の便ですね。
 

 

個人的にはもっとあると思います。ちょっとマニアックですが、あながちずれてはいないと思います。汗、大便、小便、以外に、痰、咳、髪の毛、(これは覚せい剤を使ったかどうかを調べる時に、髪の毛を調べますよね。毒物としてわずかながら出ているということです) (たぶん呼気、鼻水、涙、原因不明の出血、皮脂なども微力ながらあると思います。病気の時の呼気や鼻水、痰はにおいも色もきついものがあります。平常時とは違います。何か良くないものを出していると思います。汚血を出すとも言います。魚・肉などで有害な物質は脂にたまるから、汚い川の魚は脂か臭いとか、天然の魚も、天然の猪、放し飼いの鳥などは、脂がすっきりしておいしいとかいいます。人間も、脂に溜まるものがあってもおかしくないです。また、病気の匂いとかあります。僕は、敏感なせいか色々感じます。)  これらを通して体外に出すことだと思います。有害物質は、出すとすっきりして気持ちがいいもの、さっぱり爽やかで前向きになるものです。

 

試した中で、オススメ順にあげると

 

●ひまし油  内用剤で下剤の効果あり
●ひまし油  外用剤で皮膚から吸収させる。内臓の活性化、シミ、傷跡、炎症、などいろいろ多岐にわたる
●発芽玄米・玄米  
●サウナ・岩盤浴
●日光浴
●センナ・キャンドルブッシュ
●ヨモギ・どくだみ
●ウコンの継続飲み
●足裏樹液シート
●砂浴
●軽い全身運動

 

 

 

 

まだまだあるような気もしますが、他のものは、あまり思い出せない程度なので、割愛していいと思います。上記のどれも効きますよ。  効く部分や効き方が違うので、優劣はつけがたいですが、上のほうからオススメします。

 

そもそも、人体の性質として、
腸は、腸内にある、たまった便から水分や、「まだ使える栄養素」、「それといっしょに毒素」も再吸収します。それらは腸内の血管に入ります。便の再吸収です。そして肝臓で解毒され、大量の大切な酵素とエネルギーが消耗され、処理されず残ったものは、そのまま、全身へと循環していきます。

 

その結果、肌の色が悪くなったり、にきびができたり、イライラしたり、肩こり・腰痛・頭痛・体が重い等の不定愁訴が増えます。実際、便秘がちな人は、体臭がきつくなります。きっと、「体内の有害な物質」が大量にたまって、循環しているのだ思います。
 
粘膜吸収するものもあります。鼻、肺、口、目、などから吸収されたものは直接血管に入りますので、影響がきついです。毛穴からはざくざく血管に入ります。
 
率直に「嫌ですね」

 

体調を整えるにしても、病気の対する抵抗力をつけるにしても、体質改善するにしても、まず最初にデトックス・排毒したほうがいいです。

 

 

 

第一のオススメは

●ひまし油を内服する方法です。

飲むひまし油は下剤として薬局でも売っています。必ずではないですが。あったりなかったりします。日陰の存在です。 ひまし油はトウゴマの油(植物油100%)です。   一日20mlを上限に個人で好きな量を飲むだけです。最初は10ml以内がいいと思います。穏やかです。

 

ひまし油が便秘を良くする訳。 
ひまし油には数種類の脂肪酸が含まれています非常に珍しい「リシノール酸」と呼ばれる脂肪酸も含まれているという点がこのひまし油を特別なものにしてくれている理由です。使い方や箇所によって、また人によっても効果は異なりますが、古くから使用されてきた自然療法です。
このリシノール酸が小腸に働きかけて、ぜん動運動を活発化してくれるそうです。
 
結構強力ですが、油がまとわりいているので、痛くないです

 

 

ひまし油をオススメする理由は、他にもあります。マッサージオイルとしても外用塗布するのですが、炎症を鎮め、抗菌作用が強くあります。 皮膚のトラブル・アレルギーや、乾燥肌、シミ、しわ、傷跡、日焼け肌、色素沈着、巻き爪や関節の炎症 痛みを伴う肩こり、腰痛、に効果的です。 僕にも体験ありますが、巻き爪に、つけた翌日から劇的な回復をしました。関節炎にも大変効果的でした。もちろんお通じにも、翌日から効果を発揮して、数日でまるっきり良くなってしまうんです。 知識で知ってはいたけど、驚きました。    不思議な油なんです。詳しくはネットに出ていますので、検索してみて下さい。 

 

 

意外ですが、人間の体内の皮膚粘膜は、体外でもあります。口からお尻までは、筒状になっており、人間は竹輪のような存在です。なので、手足になどの塗布に有効であれば、きっと、体内の皮膚粘膜にも有効だと思います。

 

それで、ひまし油をオススメしています。

 

結構強力なので、お通じが、数日続きます。その間は飲まなくていいと思います。 また、継続して飲むものではないので、「1週間に2回ほど」、「もしくは週末に1回使うことを2〜3回」使ったら、もう充分だと思います。

 

再度使用する際はしばらく期間をあけてください。
また、妊婦さんの使用は控えてください。

 

飲むひまし油は下剤にあたり、薬局で扱うものなので、薬局で買ってください。 一瓶250円程度です。近くの「コスモス」には2店舗ともありましたよ。

 

 

●ひまし油  外用塗布するマッサージオイル

ただただ、患部に塗って、なんとなくマッサージするだけで様々な効果があります。
油自体に力があります。マッサージが得意でなくても大丈夫です。オイルは、オーガニックで、低温圧搾で、有機溶剤を使わないヘキサンフリーで、残留農薬無しで・着色料無しで・香料なしで、食品グレードがいいと思います。僕はこのタイプを使います。体に直接入るものなので、そのほうがいいです。(ネットで買ってもいいし、サンプルでよければ当院で差し上げます。お声かけください)

 

内臓の強化
「肝臓あたりの皮膚の上から塗ること」をどんな時もまず基本として行います、「そのほかに気になる内臓の皮膚の上から」、塗りこむ。これだけで、皮膚から吸収して、効果を発揮するそうです。 メカニズムは良く分かりませんが、実際試してみると、違いがあります。  信じられない人の率直な感想は、「皮膚から塗っても内臓の奥まで浸透しないよ」だと思います。実際どうなっているのかは外科なり内科でしつこく調べていただきたいですが、大事なのは現実です。  現実は肝臓の上から塗ると5分ぐらいしたら、めっちゃ眠くなります。気が遠くなる感じです。意識はありますが、ぼんやりしてきて、夜中に目が覚めつつあるぐらいなままが続くようです。 何度試してもそうなります。だいたい夜しているので、そのまま寝てしまいます。 翌日は眠さが若干一日中続きます。それが抜けると大変調子がよく、疲れにくいです。 何かしら効果を感じます。 相変わらず理論は良く分かりません。皮膚から浸透するのはわかりますが、そのまま血管やリンパに入るのか、肝臓に行くまでにそこそこ色々な組織を通りますが、どうなっているのでしょか?
 分かる人におしえていただきたいですが、まだ出会いません。
どの臓器に塗ってもいいそうで、ただ塗るだけですので、容易です。 塗って、静かに自然治癒力が働いていることを実感していると、感謝の気持ちが沸いてきますので、そのまま静かにしばらく過ごせばいいと思います。

 

(これは決してケイシー療法ではありません。温めないことと、瞑想することを明記していないからです。いきなりケイシー療法ではハードルが高いことと、現代人では、効果が強すぎて、びっくりすることもあるので、あえてこのようにしています。これをきっかけに、ひまし油のもっと効果のある使い方や、ケイシー療法に興味をお持ちの方は、ご自分で本を購入して、しっかり本を読んで、考え方をしっかり理解してから始めるといいです。わからないときは、相談にも応じます)

 

 

 

 

シミ対策
ひまし油は、肌の傷跡やシミを薄くすることに効果を発揮します。(僕も体験しました。傷跡が、薄くなって、周りと同調して、分かりにくくなりました。その間5日間の結果です。それ以降も薄くなっています。 

 

肌の保湿
ひまし油は、皮膚に直接浸透し、乾燥によって傷んだ細胞を修復、皮膚の水分を復元する力があるようです。

 

にきび肌の改善
ひまし油が持つリシノール酸には、その抗菌性、抗炎症特性によって、ニキビ菌を減らし、肌を改善してくれる効果が期待できます。

 

いぼや皮膚の乾癬の除去
長年悩んでいたイボの治療にひまし油は効果を発揮します。

 

 

 出来物、腫れ物、シミ、乾燥、にもいいです。  あと、個人的には、たるみにも効果を発揮しましたよ。現在進行形です。
 

 

関節痛、関節炎を和らげる
ひまし油の持つ抗炎症作用は、関節炎によって引き起こされる痛みを和らげる力があります。

 

背中の痛み・筋肉痛
背中、腰の痛みを和らげるのにも、ヒマシ油は一つの効果的な自然療法です。ひまし油を使った局部マッサージを丁寧に行います。

 

 

水虫、たむしの治療
ひまし油が持つ抗菌性が、水虫、たむしを治療するのに役立ちます。

 

 

 

 

塗るひまし油を試したい方はどうぞ、お声かけください。 お試しように、少量ですが、無料で差し上げます。なかなか手に入らないので、用意しています。
 

 

●発芽玄米・玄米

 

これはとても激しく反応が出ることあります。  個人差が大きいので、徐々にしてください。 発芽玄米に含まれる「フィチン」がデトックス・排毒効果を出すそうです。   それが最大限効果を出す時が、玄米を水に漬けて、発芽する時だそうです。
これはしっかりとやってみたことがあります。   農家から新米の時期に、ネットで無農薬自然農法の玄米を買ってきまして、水につけたところ、皆発芽しました。  (結果的には、それほど発芽するお米は珍しく、発芽しない玄米も沢山ありました。)その発芽した玄米を炊飯器で炊き、その間にカレーを香辛料沢山いれてつくりました。  そのカレーと発芽玄米のライスとの組み合わせがとてもおいしく、2杯いただいたのですが、その後すぐに発熱しまして、「風邪かな」とおもいつつ、「でも寒気はないな」と思い、また次の食事で、おいしくカレーを頂いたのですが、もっと発熱し出しました。 39度ほど出ていたように思いますが、比較的元気でした。そのうち、発疹が体のいたるところにでてきまして、体のあちこちが痛くなってきました。それから考え始めて、きっと発芽玄米の好転反応だと思うようになりましたが、そのころには、もう丸2日ほどカレーと発芽玄米を食べ続けた後でした。  その後発熱は下がらず、2週間ほど続くし、発疹が気持ち悪いくらいに全身にでました。余りにひどいので、手には包帯を巻いてごまかしていました。  威力は凄かったです。

 

不思議と発疹のあとは、一つも残ることなくさっぱりとなくなり、体調もすごぶる良くなりました。

 

その後買ってきた発芽玄米でためしますが、一度もそういった経験がないです。また自分で玄米を水につけても、なかなか発芽しないんです。 みなさんもいつ発芽する玄米にあたるか分かりませんので、諦めずに、チャレンジしてください。そして出会えたら、ぜひおいしく食べてみてください。

 

 

 

●サウナ・岩盤浴

 

これはもっとも手軽で、取り組みやすいタイプです血行促進に特化しています。冷え性で悩んでいる人や、更年期で悩んでいる人、などに大変効果的です。じっくりと長く入ることが必要です。サウナであれば、出たり入ったりして2時間ぐらいがいいようです。岩盤浴だと入りっぱなしがおおいですが、2〜3時間がいいようです。週に一回は最低必要で、できれば週二回ほどするとはっきりと効果がでるようです。冷えると、血液がお腹や背骨周りに溜まり、手足に流れなくなります。 その状態から、体の芯まで温めると普段から手足にながれるようになり、手足がぽかぽかしてきます。血流が良くなると、老廃物が出やすくなり、デトックス・排毒につながります。 
オススメです。

 

 

●日光浴

これは、とても日焼けしますので、日焼けしても大丈夫な人に限ります。太陽にしっかり浴びて、2〜3時間もすると、体の芯からあたたまります。  特徴は、家に帰っても、もしくは夜寝る時もエネルギッシュになるのか、興奮するのか、元気でなかなか寝付けないことです。毎回必ずなります。  ほとんど毎日海に出るサーファーさんや、日の出共に畑に出て日が沈むと家に帰る農家さんなどの笑顔がさわやかで、すっきりしているのは、きっと日光を沢山浴びているからだとも思います。逆にヨーロッパの、北欧の人たちは秋ごろから日光が皆うつ病っぽくなるそうです。 めっきり日光が少ないからだそうです。  セレトニンやメラトニンの生成に日光が大活躍するそうです。  気持ちのデトックス・排毒ですね。血行もよくなります。  暇さえあれば、しています。  週に1回は年中しています。
オススメです。

 

 

●センナ・キャンドルブッシュ

これは腸を強制的に動かして、お通じを良くします。 確実ですが、センナはちょっとお腹が痛いです。キャンドルブッシュは特に何も感じず、健康的です。 慢性のひどい便秘のときにどうぞ。休みの日の前の夜がいいです。  牛乳と蜂蜜とセンナを混ぜて飲むと大変おいしいです。

 

 

●ヨモギ・どくだみ

デトックス・排毒効果があるということで、生ジュースをつくって飲んだり、乾燥させてお茶にして飲んだりしました。結果はいいような気もします。緩やかな反応です。一度だけはっきり変化を感じたことがありました。発芽玄米を食べて、高熱を出していたころ、やっと治まりかけてきてもうすぐ普段の生活に戻りそうな日に、実験したんです。どくだみジュースと、よもぎジュースを作って、飲んだらどうなるのかな?と思って。飲んだすぐから、また高熱が出て、数日熱が延長しました。きっと排毒の熱だったと思います。  
 野草のエネルギッシュさは抜群でした。  味は想像を超えて、薬草の味です。   たまにはオススメです。

 

 

●ウコンの継続飲み

ウコンで肝臓をケアする目的でしばらく毎日飲んだことあります。飲んだものは秋ウコンを粉末にしたものを100g買ってきまして、毎日小さじ一杯程度を蜂蜜と混ぜて、飲みました。  体調がとてもよくなり、元気になり、肝臓がげんきになって血液を正常にする力がついたように感じました。  10日ほど飲んだところで、高熱が出まして、寒気はないのですが、喉も痛くなりました。翌朝起きた時に、喉に違和感があり、痰をだしたのですが、人生で最大の大きさ、最大の塊、粘度、色ともに濃かったです。それをだしたら、喉にすっぽり穴が開いたようで、声がラクに出るようになりました。  その後も熱はしばらく続き、数日かけて、落ち着きました。 頭がぼんやりして、なかなかきつかったです。 寒気はないけど、酷い風邪のようでした。  たまにはいいと思います。 ちょっと量が多かったような気もします。よく調べて、適量を継続するといいと思います。

 

 

●足裏樹液シート

これは今でも時々しています。足裏から毒素が出るのかどうかは分かりません。茶色くて、粘りのある液体がつきますが、単純に汗がついているだけ気もします。が、しかし、足裏の調子はいいんです。  はれぼったい感じとか、足の疲れとか、熱感とか、むくみとか、なくなります。数日続けると、足の調子が何もかも良くなります。 個人的には、抗菌作用が強く、森林浴をしているような感じもします。  朝に足裏がべたべたするので、濡らしたタオルでふき取るか、お風呂で流すかが必要です。  時々オススメです。

 

 

 

●砂浴

これは、宮崎の砂浜でもしたことありますが、大分の別府にある砂浴もしたことあります。なかなかいいですよ。砂の温度とか、日光の具合にもよりますが、気持ちいいです。  大地のエネルギーと、日光のエネルギーを感じます。独特です。 地熱とか、日光で温まった砂のじんわりと熱い感じとか、全身で感じます。砂の重さと、動けない感じと、全身で砂を感じて、熱を感じて、全身同時に汗をかいて、それでも顔は出しているので、息苦しくはなく、時間が長く感じます。 流す汗も、違う感じがするんです。  なので、海っぱたでしますが、人気がなくて、海水も入ってなくて、さらさらの砂で、誰も通らない散歩にも来ないようなところで、勝手にします。  

 

 

 

●軽い全身運動

これは、多くの大人がしていることでもあります。毎週1回スポーツジムに通います。  普段使わない可動域を使ったり、普段使わない筋肉を動かしたりすることがいいんです。 これは脳と体の関係でも説明できます。普段は脳から体に神経を通して指令が行きます。そうすると、脳の使うところと使わないところに選り好みが起きて、活動領域がムラになります。  運動は反対です。普段使わない動き、普段使わない力を使おうとすると、脳の活動領域や、神経のシナプスも、普段使わないところが活性化されます。そこがいいんです。
全身を満遍なく動かすことは、脳の活動領域を満遍なくムラなく使うことでもあります。そうすると、脳が活性化しますので、普段の発想も変わってきます。   考え方の悪循環だったことが、突破できるようになったりします。うつ状態とか、凝り固まった考えとかが自然と融解する感じです。   毎週1回以上が必要です。  なので、水中で歩くにしても、前向きに歩くだけでなく、後ろ向きに歩くとか、横向きに歩くとか、しゃがんで歩くとか、体をひねりながら歩くとか、色々なバージョンをする必要があります。 決まりはないので、自由にばかばかしいぐらいにいろいろするといいです。  また、マシーントレーニングも、好き嫌いを考えることなく、どのマシーンも、満遍なく、軽い重量で沢山の数をするといいです。
 

 

 

 

皆さんに手軽に始めるのであれば、ひまし油の内服 と ウコンを飲むこと と ひまし油の肝臓をはじめ、気になる臓器の上から、塗りこむことだと思います。  ひまし油とウコンを購入すれば、すぐに始められます。 1週間もすると、体調はとても上向くと思います。  どれか試す気になったらお話ください。 アドバイスもしますし、家にあるものでよければ、お試しに差し上げます。