プロの整体 ベテランの技術  整体院 確実に症状改善したい方 体質改選したい方 自宅でも体調コントロールしたい方  

尾骨の痛み。

極まれにあります。   お尻の先っぽ、本当に尾骨が痛いんです。 この痛みのほとんどの人は、座ると調子が悪いです。  若干の痛みと、不快感。そのあと、気分が悪くなります。何故か、めまいというか、吐き気というか、具合が悪くなるんです。

 

とくに、柔らかいソファや、凹凸のあるいすで、凸面に座ると、とたんに気分が悪くなります。  座りたがりません。  できれば立っていたいと思いがちです。

 

 

それと、大抵は、強打の経験があります。  

 

・お風呂で、滑って、尾骨を強打した。
・酔っ払って、しりもちついた。
・学生時代に、イタズラで、いすを引かれて、そのまま強打した。
・滑り台から滑り降りて、最後にどんと尾骨を打った。

 

 

こういった感じです。 ただし、まれに何も無くても尾骨が痛い人います。  理由は尾骨は人によって数がバラバラだそうで、数が多くて、ちょっと飛び出ている人いるんです。本当に尻尾のようです。1センチぐらいでいるんです。2人ほど出会ったことあります。  やっぱりいつも出ているからあたって痛いそうです。 それはまれですが、

 

大抵の強打した人は、
 尾骨がグニャリと左右のどちらかに傾きながら、前にめり込むように、刺さるように、歪んでいます。
症状によっては、太ももの内側にシビレがあります。  お尻の周りがシビレることもあります。
大変です。

 

病院ではなにもできません。

 

 

 

施術では大丈夫ですよ。  すぐに効果あります。  すべて服の上から、普段の整体と全く同じように施術するだけです。
内容が尾骨集中で、専用の技術を使うだけです。

 

・腰と骨盤周りを整えて、筋肉を緩めます。
・そのあと、尾骨のゆがみを正確に捉えます。  すぐに分かります。 痛み、 硬さ、 左右差を衣服の上から確認します。 
特に左右差ははっきりでています。 尾骨の先がぴりぴり痛いほうと、何も感じないほうにはっきり分かれます。
・まずは左右差を正します。

 

この時点で、ほとんどの症状は半分以下になります。

 

その後、その矯正したときの、関節の硬さ、動きの幅、などから、あとどれくらい左右差があるのか、それとつきに、前後の歪みがどれくらいあるのか把握します。
次に、左右差を矯正しながら、若干、前後も含めて角度を変えて、施術します。
それを何度か繰り返します。

 

このときに、ドロップベッドを使うことがコツです。  安全、簡単、届かないところでも大丈夫。力だけは届きますので、症状は激減します。

 

その後、数日はあまり座らないように気をつけて、  2〜4回程度施術すれば、その後、まず症状はでません

 

安心して日常生活をお過ごしください。

 

 

 

尾骨を詳しく、安全に、自然な施術でできるところは聞いたこと無いので、余り無いと思います。

 

 

気になる人は是非どうぞ。おまちしております。