プロの整体 ベテランの技術  整体院 確実に症状改善したい方 体質改選したい方 自宅でも体調コントロールしたい方  

男性の更年期について

毎日沢山の人とお会いして、お話を聞きますが、意外と、男性の50代ぐらいから60代半ぐらいの方の、うつ状態と、イライラが混ざった精神状態の相談があります。本人からの時もあるし、その家族からの時もあります。  ほとんどのケースではその症状に悩んでいますが、男性の更年期とは思っていません。だからこそ、長年打つ手もなく、ほっとく結果になり、本人も家族も心身ともにくたびれます。

 

結構深刻なんです。

 

 

女性と違って、男性は腕力があるので、イライラした時に、物を投げたり、癇癪おこしたりすると、身の危険を感じることあります。また、うつ状態で、塞ぎこまれても、家の中がどんより暗くなりますので、重いんです。眠れないから、夜中にごそごそ起きるし、気力が無いから、何にもできないし、それを全部家族のせいにするところがあります。
休日や定年後に家の中でごろごろして過ごし、急に頑固になり、些細なことでいらいらしたり、がっくりして元気がなくなったり。弱気になったり、落ち込んだり。

 

結構深刻なんです。

 

 

全員ではないですが、この年齢ぐらいになると、ご両親のどちらかが他界することも重なりがちです。もうどんどん暗くなるんです。若さが失われて、老いに向かい、体力が衰え、不況も手伝い、リストラの危機にさらされて、将来への不安が増します。 それまでの生き方を振り返り、自分の人生はこれまでかと思うと、心の中に迷いも生じます。出世の夢も、両親の支えも、失いましたが、まだ諦めることも、開き直ることもできません。  

 

 

結構深刻なんです。

 

 

また、立派にお仕事をしていた方ほど、自分は常に正しくて、周りがおかしくて、自分はまちがっていないと言い張るので、病院にもいくことなく、何年も過ごしがちです。だいたい何年もその調子で、変わりません。家族が参ります。離婚とか別居とか、考えてしまうんです、

 

 

結構深刻なんです。

 

 

年齢と共に、仕事量、趣味、ものの考え方、休みの取り方、総活動量、ペース、そういったものを変えていかないといけないのですが、テストステロン(男性ホルモン)の急激な減少で、対応できず、現実のバランスも、精神のバランスも取れないことが大きな原因だと思います。

 

 

症状としては下記のようなものがあります

 

 

・疲労(だるさ・疲れやすい・疲れがたまりやすい)
・神経質
・頑固
・不眠(眠れない)
・頭痛
・めまい
・下痢
・パニック
・うつ(不安・イライラ・無気力・意欲がなくなる)
・ほてり・のぼせ(体がほてる・のぼせる)
・動悸(胸が痛い・心臓がバクバクする)
・頻尿(おしっこが近い・夜の尿の回数が多い)
・性機能減退
・性欲の低下
・ED(勃起不全)
・めまい

・筋力の衰え(筋肉量の減少)
・太る(メタボリックシンドローム)
・集中力の低下

 

 

 

病院に行ったほうがいいです。
お医者さんに、見てもらって、検査して、男性ホルモンの量をチェックして、お薬と生活改善をしたほうがいいと思います。
テストステロンの補充をはじめ、生活の指導もあると思います。  権威ある人から、客観的な数字をもとに、論理的に説明してもらい、定期的に管理してもらったほうがいいと思います。