プロの整体,宮崎市,リンパマッサージ,高齢者,膝,腰,背中の曲がり,足腰,骨盤の後屈,坐骨,

高齢者向け膝・腰・疲労回復リンパマッサージ  痛む理由3つ

宮崎ですから、高齢者の割合が多く、膝、腰、の患者さん多いです。完全にとは行かなくても、歩いて、日常生活をしやすくするための施術はあります。  
●歪みがおおきいことと、回復力が弱いことが要因です

 

歪みにも特徴があり、ある程度決まったパターンがあるので、その部部を丁寧に調整した後、「大豆プロテイン」、と「血行がよくなるお茶」を摂って貰いながら、定期的に施術することの提案です。お金の負担がかからないように「大豆プロテイン」と「血行がよくなるお茶」はこちらで用意します。
●歪みを正しながら、姿勢もよくなり、筋肉や組織の回復と、血行の回復を狙います。

 

主に60代後半 70代 80代 を対象にどうぞ。

 

 

 

 

栄養強化 高齢者向け 整体・マッサージコース

 

このコースを思いついたきっかけは自分の母親の膝の痛みを電話で聞いて、実家へ帰り、施術したことからです。

 

母親のケアを通して、近所にプロの整体院でこんなサービスがあったらいいなあと思いました。また、きっと同じ思いの人が宮崎にもいるだろうなと思い、当院で始めることにしました。

 

僕の母親は、遠距離で離れて一人暮らしをしております。10年ほど前に自転車で転んで膝を怪我しており、そのとき以来、常に膝に若干の痛みがありました。なので自宅できるトレーニングや、ケアを薦めましたが、生返事が多く、やっているのかやっていないのか半信半疑のまま、10年が過ぎたころ、いよいよ膝の調子が悪くなって、落ち込んでいました。  75歳の割には元気で、パートに出かけるのを楽しみにすごしているのですが、 もしかしたら、場合によっては施設の話も若干検討するかもしれないなあと思っていました。どうだろうなあ、と思いつつ電話越しで話を聞きました。

 

あまりお互いに生活環境を変えたくないなあ。  いつまでも元気でお過ごしでいただきたいなあ。 そう思いました

 

 

その後すぐに父親の七回忌だったので、法要が終わり、早速母親の足を見たところ、変形性膝関節症ではなく、また、軟骨の痛みもそれほどたいしたことないようでした。その証拠に自在に膝が曲ります。  痛いのは、立って歩く時だけとのことでした。要するに大腿四頭筋を使うときだけです。そこで検査として、座位で大腿四頭筋の筋力テストをすると、綺麗に痛みが再現されました。となると、大腿四頭筋の問題のようです。やはりなあと思いました。  よくよく見てみると、大腿四頭筋に左右差があり、痛い側は小さく、萎縮がおきているようでした。それによる、膝蓋骨の変位、老人性のO脚が進行、その結果、半月板をいためているようでした。   主要な原因は大腿四頭筋の衰えによるもので、関節が狭いのも若干関係あるようだ確信しました。それなら、施術でなんとかなる。そう思いました。

 

父親も他界してるので、母親の普段の生活スタイルは、一人暮らしです。料理は大変上手なので、何でもできますが、一人で食べるとなると、簡単な食事になりがちです。以前聞いたときには、コンソメを使ったスープに、野菜と肉を適当に入れたてご飯を食べているということでした。  それではタンパク質もミネラルも不足します。また、消化吸収能力も年とともに落ちますので、栄養の吸収も悪く、傷口の再生や、体力の回復が遅れます。  恐らくそうだろうと思って帰省していたので、大豆プロテインをバックに入れてきてました。 

 

母親に、膝の改善策として
●毎日の大豆プロテインを飲むことと
●四頭筋のトレーニング
●四頭筋のストレッチ
●膝の牽引が出来るように道具を毎日使って関節を伸ばすこと
以上の道具をセットして、毎日続けるように伝えました。

 

 

それから10日目には2〜3時間買い物が出来るようになり、14日目にはまだ痛いところもあるけど、気にならない時もあるようで、普段の生活はだいたい出来るように改善しました。 良かったです。  あと1〜2ヶ月したら痛みもだいたい取れて、元通りになるのではないかと思います。
施設の話は当面なさそうです。  自宅でぶらぶら過ごすのであれば、全く問題なくなると思います。

 

良かった。  ちょっとほっとした。 これが率直な子供の気持ちです。

 

 

離れた親が元気でいてくれると、子供達も安心します。 親に元気でいて欲しい。  一心にそうおもいます。

 

 

でも、一般的には、病院にかかるほどでもないし、手術を必要ともしない、膝や股関節の痛み、肘や背中の痛み、年だからと諦めがちなもの。たくさんあります。

 

当院の施術と、栄養と、自宅トレーニングなどあれこれすれば、
全部は無理でも、生活する分には困らないように、相当元気になるようにはできます。

 

手術や施設への回避、もしくは先送りを目的として、お力になれると思います。このタイプでお困りの方用のコースです。きっと困っている人が沢山いると思います。お力に慣れれば幸いです。

 

結構個人差ありますので、一人一人の違いや特徴をみて、試行錯誤します。あまりせっかちにならないでください。  きっと一回来ただけでバンバン良くなるということは無いですから、そのつもりで。 徐々にですが、毎回なにかしら良い変化が出るように全力をつくします。  なので、栄養で必要なものは是非飲んでください。  そうじゃないと限界が近いんです。

 

 

 

 

 

 

 

施術だけでなく、家での運動や、大豆プロテインなどを飲んでもらうと、ずいぶん違いますので、甘く見ないで、一緒に頑張りましょう。

 

 

 

共通する事柄

 

・年齢が60代 70代 80代
・膝の痛み
・足首の痛み
・腰の痛み
・背中の曲がり
・歩くことがつらい
・畳の生活
・リクライニングチェアでの生活
・農家
・足首の捻挫
・50歳過ぎて痛くなってきた
・慢性的な痛み
・足腰をだましだまし使ってきた

 

などなど
いずれにしろ、 足首の歪み 骨盤の歪み 膝の歪み があります。また、それらが、大きく歪んだまま固着しております。その結果、 腰・膝に大きな負担をかけております。

 

調整方法

 

まず、施術する上で、特別な注意点があります。骨粗鬆症の注意です。ですので、大きな力を使わずに、マッサージを中心として、痛みの緩和、楽にすることを行います。整体の割合よりも、リンパマッサージの割合を増やすことにします。また、整体をするにしても、小さな力でできるように工夫します。整体の考え方や理論は使いますが、実際行う施術は、問題の関節を伸ばすストレッチに近いです。(運動で行うあてずっぽうのストレッチじゃないです。)

 

また筋力の低下していることが多いのですが、正しく施術したあと、施術の後の日常生活でも筋肉はついてきますので、その回復をみながら行います。この骨粗鬆症と、筋力の低下の2点を留意して、抜本的な対策を練った施術をします。

 

 

なぜ 、高齢者はひざが痛く、次いで、股関節も痛く、その次に慢性の腰痛なのか?の原因と対策です。

 

理由は、3つあります。

 

一つ目の理由は
背丈が小さくなった人ほど、脊椎間の隙間が狭くなっています。その神経根の圧迫があります。 この関係で、本人が気がつかない程度の運動神経麻痺がおきています。  

 

なので、仙椎間、腰椎間、を開きます。あらゆる方向に伸ばして、最大限拡げます。これで驚くほど体調は良くなります。

 

軽いヘルニアならすぐに治りそうなぐらいしつこく伸ばします。そのあと、椎骨を動かします。出来るだけ大きく、色々な方向に。姿勢も、腰痛も、足の運びも良くなります。 高齢者の足腰の力が弱くなっている原因の第一はこれです。施術前 と 施術後 で 筋力検査をとるとはっきり、客観的に分かります。筋力は著しく上がります。

 

二つ目の理由は
骨盤の後屈方向への大きなゆがみです。  座った姿勢のまま、骨盤も、腰も、股関節も固まって、骨盤が全く動かないです。 それは大問題です。
坐骨と恥骨を後ろに押し戻すような矯正をしっかり入れます。恥骨の左右が離れすぎているケースも多々あります。
 それらを施術で修復すると、とたんに歩きやすくなります。それを何回かに分けて、矯正して、周りの筋肉がつくのを待ちます。この調整で抜群によくなる人も多いです

 

三つ目の理由は
大腿四頭筋の過緊張です。 これは骨盤が後方に倒れる理由もありますが、神経根の圧迫、立ち仕事などで使いすぎの理由もあると思います。いろいろな要因で、大腿四頭筋が過緊張を起こしています。その結果、大腿四頭筋が膝蓋骨を引っ張り上げて、膝の動きがおかしくなり、O脚なり、膝自体の痛みなりを起こしています。  なので、大腿四頭筋を緩めることは大変重要です

 

 

 

だいたいこの3つの理由をどれもお持ちです。 しっかり良くしてみます。

 

 

その後、骨盤の開きを治して、小さくして、腰椎を伸ばして動かして、 股関節を入れなおします。  そこまですると、腰周り、歩き方が変わります。ものすごく歩きやすく、若返ります。   そして、ひざの痛みも大変小さくなります。   それからひざ自体を治します。

 

その後、体力が必要なんです。新しい体に合わせた筋肉や、骨格を維持する組織が必要です。そのために大豆プロテインや血行がよくなるお茶などを飲んで、体力をつけるということです。

 

 

 

 

 

70歳ぐらいまでは、とても治りがいいです。(甘党の人は治りづらい傾向もあります。個人差あります)
80歳を超えると、緩やかになりますが、改善します。(施術を受けるのができないぐらいに体力が落ちると、話はかわります。個人差大きいです)

 

可能性は大きくありますので、一気によくなるような、大きな期待をせず、継続して改善する心積もりで、お越しください。

 

 

 

施術後の感想

比較的楽になります。
腰は大幅に良くなります。
股関節もほとんど良くなります。
姿勢も良くなります。
膝の痛みは緩和しますが、再発しやすいです。
元気になります。

 

施術で、全く痛みがなくなることは50代 60代ではちょくちょくありますが、70代以降は稀です。
定期的に続けると、安定してきます。

 

アドバイス

 

施術だけでなく、日常生活の改善がともなうと、劇的によくなることがよくあります。
・タンパク質の摂取量を増やす
・大豆プロテインがオススメです。

・血行がよくなることが大事です。
・オススメのお茶があります。
膝に負担のかからない運動が効果的です
・骨盤をしっかり動かす運動があります。関節のストレッチです。
・ アンクルウエイトをつけて、日常生活をするとずいぶん楽になります。
・ アンクルウエイトをつけて、指導した運動をすると、膝の痛みは劇的に変わることがあります。

 

 

 

関連するページ  気になったら押して下さい。

 

整体専門ショートコース
こちらのコースで何度かするだけでも充分効果上げます。

 

 

整体・リンパマッサージコース
しっかり施術したい方は、こちらでどうぞ。全身の疲れも関係します。
80代以上はこちらでお願いします。

 

 

腰が疲れやすい 本当の理由

 

 

 

体の痛みが回復しない3つの理由

 

 

 

身体・内臓・頭・精神 疲れない栄養素

 

 

 

食事での 体の栄養管理について

 

 

睡眠について

 

 

トップページに戻る

 

 

 

 

ちょっとマニアックな記事。プロの方とか深く知りたい人向け。

時間が無い人や、余り興味なければ、読まなくても結構です。
多分、参考になると想うこと、つらつら、いろいろ。聞いた話や、経験したこと、なども含めて書きます。
記事にはなりませんが、雑談だと思ってどうぞ。

 

 

●結局なぜ高齢者の膝の回復が難しいかとなれば、ひとえに、回復力の弱さだと思います。

 

●回復力が弱いのでゆっくりにしかよくならず、待ちきれない、信じられず、継続できない。

 

●あと、生活のリズムをかえるのことが億劫で、運動や、食生活を変えられない。

 

●結果的に、割と少ない回数をどこかの整骨院や整形外科や整体院に通って覗くだけになってしまうように思います。

 

●かといって、良かれと思ってバンバン整えると、それはそれで、いくらかの炎症を持ったり、どっと疲れが出たりして、やる気を失います。   

 

●「大豆プロテイン」と「血行がよくなるお茶」が必要ない方はいなかった思います。消化に自信が無い時は、太田胃散とか、消化薬と一緒に飲むといいです。 味はそれほどおいしくは無いですよ。  

 

●多分マルチビタミンとか取るとずいぶん違います。

 

●このコースは施術するこちらも難しいと思っています。しかし、回復が見込まれると、メキメキよくなるんです。 それはやってよかったなと思うんです。
なので、ニーズがあれば、頭をフル回転で一緒に頑張ります。

 

●うちの母親もずいぶん良くなってきました。  今は出張整体の先生と患者さんの関係です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンクについて

 

『宮崎 整体院 健康の家』は、リンクフリーです。
ぜひ、たくさん紹介してください。リンクの許可等は必要ありません。
面白かったら「お気に入り」に登録してください
どのページからリンクされても結構です。

 

 

サイト名  宮崎 整体院 健康の家
堀川隆洋 (ほりかわたかひろ)
〒880-0905 宮崎県宮崎市中村西2-2-38
TEL・FAX 0985-54-8553
http://健康の家.com/  kenkounoie@kenkounoie.xsrv.jp


 メニュー 地図 特徴・選ばれる理由 整体専門ショートコース 整体・リンパマッサージコースについて 整顔・顎コースについて 院長自己紹介